「やたらとお金が貯まる人の習慣」を読んでみた2

前回に引き続き、
本田健さんの「やたらとお金が貯まる人の習慣」を
読んで実践しようと思ったことや
実践したことをシェアします。
 
この本
 
もう一度の説明になりますが、
この本は、 「お金の心配」から自由になり、
幸せな毎日へシフトする考え方や 習慣が書かれています。
 
本田健さんが紹介する 
お金を貯める方法は4つしかなく、
 
①収入を増やす
②支出を減らす
③お金を守る
④お金に働いてもらう
 
この4つの考え方です。
この4つのうち、今回は「お金を守る!」に
フォーカスします☆★
この部分読んで、
私がやると決めたことは、
2つです。
①一生下さない口座にお金を入れる。
②お金の不安を解消するためのお金を貯める
 
①は、お金持ちであれば
一生下さない口座にお金を持っているそうです。
「このお金があるんだ」という安心感や
自分とお金は良好な関係にあるという象徴、
そしてお金を持っているという感覚を持つために、
一生下さない口座を持っているのです。
一生下さないってすごいですよね。
私も実は以前口座を1つ作っていました。
その口座に少しお金を入れようと思います。
②お金の不安を解消するための
 お金を貯める 
2つめは、お金の不安を解消するための
お金を貯めるということです。
これだけあれば安心だな。
という金額を貯めることをお勧めされています。
ちゃんと食料が確保されていれば
安心して攻撃できる
戦場みたいなものですね。
まずは安心を確保する。
私の場合は、200万が安心な金額なので、
200万を目指そうと思います。
前倒し返済も同時に進めないと。。
今日の行動することとしては、
・絶対に下さない銀行口座にお金をいれる。
・絶対安心なお金を貯める。
 →財形貯金の金額を引き上げようと思います。

「やたらとお金が貯まる人の習慣」を読んでみた1

6月の収支が まだまとめられていませんが、 
今日はこの本を読んでおりました!




この本、かなりすごくて 
昨日と今日で2回読んでしまいました。


この本は、 「お金の心配」から自由になり、
幸せな毎日へシフトする考え方や 習慣が書かれています。


本田健さんが紹介する 
お金を貯める方法は4つしかなく、

①収入を増やす
②支出を減らす
③お金を守る
④お金に働いてもらう

この4つの考え方です。


実際に行動してみようと思ったことが
たくさんありましたので、
 行動しつつ紹介したいと思います!



最初は、「支出を減らす」です。
 行動すると決めたのは2つです。


1.支出レベルを下げる
2.カード一枚解約する(ローンとは借金)


1については、「生活コストを見直す」ということです。

「収入と支出を結びつける考え方を手放す」というのが 印象的でした。


ふつう収入があがったら支出も
増えるようになります。 
これぐらいの贅沢はいいかと思うからです。


私自身も最近は、
収入が一時的に増えたことをいいことに、
外食ばかりしていて
コストが上がっていたのを感じました。


「自分がこだわりのない分野で
支出レベルを1つか 2つ下げる」

というのが本の中で紹介されていて
 それをやってみようと思います。


昨日実際ご飯をスーパーで買う時に、
いつもなんとなく買うものではなくて 
お茶とご飯ものを、
別のものに落としてみました。


満足度合としては 
そんなに大きく変わらなかったですね。

2 カードを解約する は、
「ローンとは借金」っていう記載があり、
できる限りキャッシュで
購入するというのが ありました。


カードは無自覚に使っていることが多いので、
2枚あるカードのうち、
1つは解約しようと思います!


まずはこの2つをやってみます☆★