なぜかお金がなくなる2 共通の理由(お金がない状態とある状態)

 この本を読んでました。

 

本のポイントとしては、

 

私たちは、みんな幸せになるようにプログラムされている。

 

悩みや葛藤が起こるメカニズムは

幸せになろうとする複数の考え方を

自分が持っていることによる。

目の前の問題はダミー!

 

悩みに共通する目的へアプローチすることで

その問題が解決できる!

 

というところ。

 

 

 

具体的な例をあげますと、

「お金がなんとなくなくなる!」

 

というのは、

 

お金がある状態と、お金がない状態は

最終的には共通の目的を持っている

 

ことです。

 

1つの例として、

自分の分析してみました。

 

●お金が十分にあって満たされていたらどうなるか?

自由に楽しめる。何もせずにゆっくりできる

ゆっくりと好きな人と会える。

自由を楽しめる。

大切な人とゆっくりとできる

 

●お金がない状態だとどうなるか?

稼がないと思う

→なんとか頑張ろうと思う、なんとかしようと思う

→大切な人と繋がれる、応援してもらえる。

 

共通な目的としては、

「大切な人と繋がり合うため、好きな人と楽しむため。」

ですね。

 

 

うーん、そうすると、

 

お金の問題は放置して

 

好きな人と楽しむ!

 

 

っていうのが問題解決のアプローチかな。

 

 

 

そんなことして大丈夫か!!????

 

 

続く。

なぜかお金がなくなる1

なぜかお金がなくなるってことありませんか?

 

私は結構あります。

というかだいぶあります。。。(汗)

 

なぜかお金がなくなってしまう。

気づいたら貯金がゼロだった。

いやむしろ借金してしまっている。

 

支払いどうしたらいいだろう?

どうやって回そう。

 

「なぜかお金がなくなる。」

という悩みに対して、

 

なぜそうなるのか?

どんな心理からなのか?

実際にどうやって改善していくのか?

 

を今後実際に取り組みながら、

伝えていきたいと思います。

 

よく言われるのは、

「なぜかなくなる」のではなくて

「使うからなくなる」

「使っているだけだよ」

っということですね。

 

 

いやー使えばなくなるのはわかるけど、

どうしても気づいたら無くなっている。

 

 

そんな心理が

私も、痛いほどわかります。

 

私が最近気づいたのは、

飲料代にお金を使いすぎているってことですね。

 

1日3リットルぐらい水やジュース、お茶を飲んでいるのですが、

それがほとんどペットボトルなので、1日あたり1000円ぐらい

月に3万円は飲料代っていう謎の事件が起きていることを

発見しました(謎じゃないんですけどね)

 

意外と使っているな!

 

って発見でした。

 

 

気づいたら少し減らす意識を持ってみることにしました。

 

ちなみに、心屋仁之助さんも

お金が「ない」っていう人だったそうです。

 

ameblo.jp

 

「ない」って思い込んでいるのは

自分だけで実際はいつも「ある」

「あるから使える」ってことに早く気付けー!

 

ってことなんですけどね。

 

お金をもらうのに罪悪感がある。っていうのが

一番の課題なんだろうなぁって

見えますね。

 

 

 

お金リアルタイム探究1

お金のことについて探究中です。

 

お金は、

なくては困るもの、

生活費の分だけあればやよいもの、

あっても困るもの。

 

そんな風に思ってますね。

 

逆にお金があることで現実に

動いてしまう怖さがありますね。。

 

正直、お金がないことで、

現実動かさなくてよいようにしてますね。

あったら困るもんなぁー!!

 

色々できてしまう。

変化起きてしまう。

その怖さがありますね。