キングダムと、心理学、夢を叶える話

映画キングダムを観てきました。

映画「キングダム」公式サイト

 

キングダムが好きで、

一通り読みました。

 

キングダムは、中国で、紀元前220年に

中華統一を成し遂げた秦の始皇帝とその将軍、

信を描いた漫画です。

 

めっちゃ人気がありますけど、

キングダムを心理学的に解説するとどうなるか?を語ります。

 

その前にどの辺りが好きなのかを

語ります。笑

 

やっぱり

好きなのは、

主人公 信のサクセスストーリーですね。

 

おれは、天下の大将軍になる!

っていう、

夢に生きてる。

その中で、闘いそして、時には負けたり、

強くなったりしていく、

その過程が、良いですね。

 

 

心理学的な観点からだと、

『天下の大将軍になる!』

 

っていう宣言で生きていて、

そして、『大将軍である人だとしたら?

どんな行動をするのか?』

っというところから生きてる。

 

これって、

モデリングという手法ですね。

その人の考え方や行動をインストールして、

モデル化する。

信も、その人(天下の大将軍)だったらどう行動するのか?を考えてます。

 

まさに、モデリングですね。

 

そして、

周りの人に宣言している。

それは、宣言することで、

大きな事が可能になるからなんでしょうね。

 

叶うという言葉がありますが、

叶うは、

口に、十です。

語源的には、

十は、十分に、多い、完全を意味します。

2つの言葉を合わせると、大勢の人の話しが「合致する」ことを表現しているのが、

叶うです。

 

 

言葉した事が一致する。

それが、叶う。

だとしたら、

 

信は言葉したことに

一致させようとして生きてる。

 

そして、過程で起きてくる事を

クリアしていく姿が、

読む人を惹きつけるのでしょうね。

 

私も惹きつけられてます。笑

(^ ^)

 

キングダムを心理学的?

に少しお伝えしました。

 

静かなるドン?に学ぶ継続的な仕組み?

最近、マンガBANGで、

静かなるドンを読んでいます。

静かなるドン1

静かなるドン1

 

単にネットの広告を

見て、気になって

読み始めただけなのですが、

結構ハマっています。

 

うまく出来たビジネスの仕組み

マンガBANGも

そうですが、どゆなアプリでも

最初は無料で招待しておいて、

継続的に読もうとすると、

お金がかかるのがうまくできてきますよね。

 

読みたいなぁという気持ちを

くすぐられますね。

 

そして、毎日4話は、読めるので、

少しずつは読み進めることができます。

継続させておいて、気にならせているのが、

凄いですよね。

 

何度か有料にしようと思ってしまいました。

その仕組みが、凄いですよね。